Event is FINISHED

江戸ゆかりの人々と和菓子~武家の菓子・庶民の菓子~

Description
甘い食べ物、特に菓子には、誰の気持ちも場も和ませる魅力があります。

いつの世も人々が魅了される和菓子について、江戸の歴史を通して、
和菓子研究の第一人者・青木 直己先生(元虎屋文庫研究主幹)が紐解きます。

●風雅と質実さを融合した江戸の菓子がどのように大成されたのか?
●武家と庶民ではどんな菓子が好まれたのか?
●明治維新がどのように菓子の世界に影響を与えたのか?
●今に受け継がれる江戸の味にはどんなものがあるのか?

その他にもたっぷりお話しいただきます。
奥深い和菓子文化の世界をぜひご堪能ください。

■場所:
the C(ザ・シー)C-LOUNGE(B1階)
東京都千代田区内神田1-15-10
都営新宿線「小川町」駅B6出口より徒歩4分
JR各線「神田」駅西口より徒歩7分、
東京メトロ各線「大手町」駅C1出口より徒歩8分

■日程:3/8(日)
■時間:15:30~17:15(開場 15:15)
■定員:30名
 ※小学生からご参加いただけますが、保護者の方同伴でお申込みください。
■参加費:1,000円

■参加申込み方法:
こちらのPeaTixのサービス(右側にある「チケットを申し込む」ボタンを押下し、画面の案内に従って申込みをしてください)をご利用いただくか、
和傳十色屋(https://waden10iroya.stores.jp/)ページよりお申込みください。

※PeaTixサービスを利用したイベント申込み方法の画面遷移は下記を参照ください。
 (過去のイベント時に作成したものなので商品は異なります)
※お申込み方法がご不明な方は、下記お問合せ先にご連絡ください。 


■青木 直己(あおき なおみ)
1954年、東京生まれ。立正大学院博士後期課程満期退学。
立正大学文学部助手などを経て、1989年株式会社虎屋に入社。
虎屋文庫研究主幹として和菓子に関する調査・研究に従事。
2013年同社を選択定年退職、現在は各所で講演・執筆等に活躍中。
東京学芸大学・日本菓子菓子専門学校・NHK文化センター各講師。
著書:『図説 和菓子の今昔』(淡交社)、
『幕末単身赴任 下級武士の食日記』 (日本放送出版協会・生活人新書) など。
     
■キャンセルについて
イベント申込締切日以降のキャンセルについては、チケットの金額の返金は出来ません。
イベント申込締切日以前のキャンセルについては、以下の場合に限り返金手数料として
注文1件につき500円の手数料が発生しますことご了承願います。
(1)クレジットカード払いで支払日から50日以上経過している場合
(2)コンビニ・ATM払いでチケットを購入した場合

■中止の場合について
主催者は天災地変、講師・出演者の病気等、交通機関の利用不能、悪天候、
停電等の不可抗力の事由、または最少催行人数に満たない理由により催しを
中止する場合は、チケットの金額を払い戻し致します。
払い戻しを受ける場合、旅費、通信費、その他チケット等の購入の際の費用等を
請求することはできませんので予め ご了承願います。

■主催:水都江戸文化遺産塾

■協賛:株式会社リビタ

■企画&運営:合同会社日本伝統文化未来考案室(でんみら)

■お問い合わせ:合同会社日本伝統文化未来考案室(でんみら)
e-mail:info@denmira.jp
TEL:03-6869-7157 (10:00~20:00)
※留守電に切り替わった際には、折り返し連絡先とメッセージを入れてください。
 折り返しご連絡します。
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2015-02-19 14:31:28
More updates
Sun Mar 8, 2015
3:30 PM - 5:15 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加費 ¥1,000

On sale until Mar 7, 2015, 3:00:00 PM

Venue Address
東京都千代田区内神田1-15-10 Japan
Directions
都営新宿線「小川町」駅B6出口より徒歩4分、JR各線「神田」駅西口より徒歩7分、 東京メトロ各線「大手町」駅C1出口より徒歩8分
Organizer
でんみら(日本伝統文化未来考案室)
322 Followers